パーティレポート

2011年4月挙式 鈴木様

結婚式を終えて・・・

すごく楽しくてあっという間の出来事のようでした。
私たちは当日の朝に入籍をしたのですが、届出をした後もなかなか実感がわかず、よくわからなかったのですが、あの会場の高砂にたち、スポットライトをあびて、隣には長年のツレがいて、スタッフやゲストの方々にたくさんの「おめでとう」をいただき、そしてようやく実感がわいた気がします。
高砂で感じたあの気持ちは、もう永遠に感じられない一生のものです♥
また、数年後にあの会場の高砂があった場所に立ってみたいです。


おふたりの「こだわり」は?

【演出】
とにかく全員で(自分たちもゲストも親族も)楽しめて、笑いが絶えない賑やかなPartyにしたいというのが一番の想いでした。
その為に、まず自分たちらしさを背伸びせずに、取り入れられたことが、良かったと思います。
(ドラゴンボールトスやBGMを全部知っている邦楽にするとか)
どんなくだらないアイディアも田所さんに広げてもらえて、打ち合わせの「ノリ」を大事にしたことも良かったです。
その「ノリ」を生かせたからこそ、「たのしかった」「あきなかった」と、ゲストから言ってもらえる結果につながったのだと思います。

Duo DOMO の好きなところは・・・

スタッフ同士がとても仲がいいところです。
(常にいつでも、どこの場所でも全員がWelcome精神が強いのが嬉しい。“おもてなし”に溢れている)

打ち合わせ中も、担当の田所さんだけではなく、他のスタッフさん(大きい小山さんとか、大きい小山さんとか とか とか)通りがかりに絡んでくれて、必ず笑いを落としていってくれるのが、「気にかけてくれる感」があり、とても温かくて居心地が良かったです。
「皆で1つのもの(式)を創り上げている・同じ方向を向いてる」というのが、安心感がありました。
仲がいいからこそ、かっこいい式を見事に創り上げられるんだろうなと感じました。 仲がいいからと言ってダラダラするのではなく、やるところはキッチリ決めてくれる所も自慢したい部分です。

細かい部分ですが、披露宴のFirst Drinkのシャンパンサーブの時、新郎新婦に注ぐ前にサイドの2人が、ゲストに向かって一礼したのですが、それが見事に2人揃っていて(そもそも一礼なんてするんだっけ?普通)とか、色々きまりすぎていて、ぞくっと鳥肌が立ちました。
あと、いちいちお洒落でかっこいいところ←いい意味で(^O^)

数日後に親族から聞いた話なのですが、当日のテーブルサービスが“常時行きとどいていて良かった”と言われました。(席を外して戻ってくると、ナプキンが綺麗にたたみ直してあったり、お皿が空になれば新しいパンがすぐでてきたり)私たちに見えない所でも、ちゃんとおもてなしをしてくれたというのが、すごくホスト側の身として、誇らしいし、ありがたかったです。当たり前のことのように思えて、そうやってくれる会場は少ないと思います。

本当にありがとうございました。自分でゲストとして参加してみたいくらい、満足のいく式(楽しい)になりました。
また、記念日に会いに行きます!!!今から楽しみ♪

お二人へ

良一さん、さやかさん♥ご結婚おめでとうございます♥

結婚式をお手伝いさせていただくなかで感じたのは、
本当に、2人ともゲストから愛されてるなということを感じるひと時でした。
私自身、2人の笑顔や涙をみていると、こちらまでつられて笑ったり、涙したり...
とくに!お支度ができて、ガーデンで写真撮影をしていた時、良一さんが感極まって泣いてしまったときは、私、実は裏でつられ泣きしちゃいました...
さやかさんは表情豊かで、どの衣装も似合っていて、とにかくかわいい♥♥の一言。

梅酒は2人のウェディングでしかつくりえない世界にひとつの梅酒です☆
記念日に結婚式のビデオでもみながら、飲んで下さいね♪

半年記念にまず、遊びに来て下さい(^O^)

担当プランナー:田所 雅代

  • ご列席の皆様へ
  • 充実した付帯設備
  • アクセス・営業日
  • 会場見学・フェア一覧
ページトップ